いまさら聞けないマイナンバー対策

マイナンバーってなに?!

いまさら聞けないマイナンバー対策

テレビ・雑誌等で頻繁に取り上げられているマイナンバーですが、2015年10月からいよいよ実施されます。多くの方はどのような制度なのか、おおよそ理解をしているかとは思います。

ですが、制度が始まり自分のマイナンバーを知るのはいつなのでしょうか?マイナンバー制度の内容は報道されていますが、実際にマイナンバーを確認するまではあまり知られていないように思えます。制度の理解を求めるために内容を細かく周知する事はとても大切なことですが、自分のマイナンバーを確認するにはどのようにすれば良いのか知っていますか?マイナンバーを悪用されても確認する方法が分からなければ、対処のしようがありませんね。

2015年10月に配布が開始された制度なので、マイナンバーがどの様に届くのか確認しましょう。

マイナンバーの基本的な概要

では、知らない方のために説明しますと、制度実施後、住民票に登録されている住所宛てに「マイナンバー通知カード」が郵送で送られます。このマイナンバー通知カードに12桁のマイナンバーが記載されています。

マイナンバーに関する注意点

ここで注意が必要です。発送先は住民票に登録されている住所ですので、住んでいる場所と登録されている住所が違う方は制度実施前に変更を行う必要があります。

マイナンバーは年金手帳や保険証以上に大事

また、不正に使われるおそれがある場合を除いて、番号は一生変更される事はありません。通知カードを受け取り番号を確認したらぜひ大切にしてください。平成28年の1月以降、社会保障、税、災害対策などの行政手続にはマイナンバーが必要になります。民間企業でも税や社会保険の手続きでマイナンバーが使用されますので、覚えてしまうのが一番の方法なのかもしれません。こういったマイナンバー対策は国民一人ひとりの意識が重要です。

盗まれたり悪用されたりとネガティブな報道もされていますが、国民にとって行政サービスがスムーズに進み、人的なミスも少ないメリットの多い制度です。慣れるまでには時間が掛かるかもしれませんが、国民や行政が一体となって制度を育てていきましょう。

サイトマップ

PAGE TOP