いまさら聞けないマイナンバー対策

マイナンバーのメリット

新聞などでも多く取り上げられているマイナンバー制度が今年の10月から実施されます。この制度は国民を判別しやすくするために、一人一人に番号を振り分け、様々な個人情報を結びつけることで、一括で管理を行うことを目的としています。

過去、政府が推奨した住基ネットワークが多額の税金を投入したにも関わらず広く受け入れられなかった過去もあり、疑問の声があるのも事実です。マイナンバー導入は行政や我々国民にどのようなメリットがあるのか?考えてみましょう。

煩わしい手続きが一つで収まる?

皆さんはお引越しをされた事がありますか?ある方ならその大変さが終わりになるでしょう。現在住んでいる市役所・区役所へ転出の届出を出し、引越し先でもまた転入届を出す必要があります。

免許書の住所変更など、行政上の手続きだけでも山のようにあるのです。これが1回で済むとしたら・・・とても便利になるとは思いませんか?

なぜこのような事が可能になるのでしょうか。国民の個人情報はその情報の中身に寄って細かく区分けされ管理されてきました。その区分けされていた情報が1つのマイナンバーに結び付けられることにより、相互に情報のやりとりが行えるようになるからです。

これらは、マイナンバー制度を使用する国民のメリットですが、制度を運用する行政にとっても大きなメリットがあります。これまでは国民の情報が細かく管理されていた為に、管理する部門毎に情報を頻繁にやりとりする必要がありました。

その際に、情報の紛失や人的ミスによる手続きの不備など様々な問題を抱えていました。マイナンバー制度により情報が一括管理されることにより、情報をやりとする必要も無く、ミスを発見した場合にも用意に訂正を行うことが出来ます。

他の行政サービス向上にも

一元化する結果、コストを削減でき、人材も足りない部門へ割り当てる事が出来るので、行政サービスが充実することが期待できます。制度実施に伴い、不安要素があるのは間違いありません。しかし、実際にその制度を使う我々国民にとって多くのメリットがあるのもまた事実なのです。

サイトマップ

PAGE TOP