いまさら聞けないマイナンバー対策

マイナンバー対策

ついに2015年10月からマイナンバー制度が導入されますね。行政手続が簡素化や国民負担を減らすために、名前や住所といった個人情報が管理運用され、銀行口座も登録される可能性があります。

マイナンバーは12桁の番号で管理され住民票を持つ国民に対して付与されます。テレビや雑誌でも取り上げられ、メリットとデメリットも詳しく解説されています。

マイナンバーの漏えい対策

今回はデメリットの中でも大きな課題の一つである情報の漏洩とその対策についてお話をしましょう。

「○○から個人情報の流出!!」

こんな見出しの新聞記事を見た事はありませんか?個人情報を扱う企業で度々発生していますね。

情報の流出と言って皆さんが想像するのは、悪いハッカーがパソコンに侵入して盗み出すというイメージではないですか?実は、割合的には低い方なのです。

実際には顧客情報が入ったノートパソコンが紛失したり、個人情報を印刷した紙を一般ごみに捨ててしまったりと人的ミスが大半なのです。企業や行政で使用しているパソコンにはセキュリティーソフトが組み込まれており、ネットワーク管理者によって厳重に管理されています。

このためハッカーが個人情報を盗みだという事は殆ど防げているというのが現実なのです。

世間で騒がれてる危険度は?

問題なのは先程も述べた通り、人為的なミスなのです。

ある企業で顧客情報が流出してしまうという事件が起こりました。原因を調査するため外部のセキュリティー会社が調査した結果、社内で使用しているWi-Fiにパスワードが設定されていなかった為と判明。

ネットワーク管理者の話によると設定した"つもり"だったと述べたそうですが、うっかりというには余りにも大きすぎる代償を支払うことなりました。マイナンバーには今まで類を見ないほど多くの情報を含む為、これを悪用しようとする者にとって格好のターゲットになっています。

やはり一人ひとりの意識が大事

国民や顧客の大事な情報を守るためにも、セキュリティーに対する意識を社会全体で高めなければいけません。

サイトマップ

PAGE TOP